« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

平成25年、お疲れ様でした

うちの事務所は、明日が御用納めです。

皆様、平成25年はどのような年でしたか?

また来年、いいことがありますように・・・

| | コメント (0)

お盆の後

ここ数年、お盆が過ぎると、すぐに年が明けるように思えます。

何にも、年末らしいことはしていないのに・・・

気持ちだけが焦ります。

| | コメント (0)

連日の贅沢

今日のお昼は、贅沢でした。

昨日も、クリスマスイブで贅沢をしたのに、連続でした。

| | コメント (0)

Do they know it's Christmas?

今日はクリスマスイブですね。

クリスマスになると、高校時代に、"Do they know it's Christmas?"という、海外のロック歌手たちが呼びかけて、貧しい国のためにボランティアコンサートをしたことを思い出します。

| | コメント (0)

納会

明日はお茶のお稽古の納会です。

納会のときには、大掃除をして、埋み(うずみ)豆腐とイワシをいただきます。

埋み豆腐は、湯豆腐にご飯を載せ、刻み生姜をかけ、その上にしいたけや大根などの千切りのお汁をかけていただくものです。

年末の忙しい時期、ご飯とおつゆを合体させたメニューのようです。

イワシは、ユズリハの葉っぱの上に載せていただきます。

先輩方はお料理上手で、たくさんのお料理を作って持ってきて下さいました。

私はいつになったら・・・

毎年、自分の好きなことをやらせていただけることに感謝です。

| | コメント (0)

ある瞬間

先日、事務所の先輩とお話していて、

「私も45歳ですから、若くはありませんから」

と言ったら、その先輩は、

「そうだよね。この前、『歳とったな』と思った瞬間があったよ」

とのこと。

ガーン!

それはどのような瞬間だったのでしょう?

どなたか、他にも同じように感じた方がいらっしゃいましたら、教えて下さい!

| | コメント (0)

賞味期限

先日、おいしい和菓子が家にありましたので、家族にお抹茶を点ててごちそうしました。

お抹茶は、ずいぶん前に買ったものがありました。

賞味期限はだいぶ過ぎていましたが、缶が未開封で、空気に触れていないので、大丈夫だろう、と思っていました。

缶を開け、袋からお茶を出すと、少し緑色が薄いような気がしました。

主人や子どもたちは「おいしい」と言って飲んでいます。

母と自分の分も、最後に点てて、頂いてみました。

・・・

全然おいしくありません。

まず、香りがまったくありません。

普通なら、お茶を点てている過程で、お茶の香りがし、いただくときも香りがするのですが、まったく香りが感じられません。

味もまったくお茶の味がしません。

賞味期限というのも、お店だけでなくて、買った後にも気にする必要があるのですね。

| | コメント (0)

金のしゃちほこ

今日は、昨日と同じ名古屋の会計事務所で研修でした。

私も、事業継承前後のお話をさせていただきました。

たくさんの応援がある、ということは、本当にありがたいことですね。

その後、海外視察をされた先生方の報告を聞き、名古屋市内の視察へ。

Hi3c0203_2

名古屋城です。

尾張徳川家のお城です。

今のお城は復元されたもので、平成30年に完成するそうです。

Hi3c0204

金のしゃちほこの原寸大のものも、展示されていました。

お城はしゃちほこ(シャチですから魚なのですが、頭は虎で、体が魚という、想像上の動物だそうです)なのでしょうが、大徳寺など、寺院では鴟尾(しび・・・想像上の鳥)が屋根の両側に飾られている、ということを、以前聞いたことがあります。

今日の名古屋は暖かで、コートを着て歩くと汗ばむくらいでした。

全国から参加した皆さんと楽しく研修できました。

本当にありがとうございました!

| | コメント (0)

名古屋にて

今日は名古屋に来ています。

同業の仲間の事務所で研修です。

先代の経営者の先生、後継者の先生、そしてそれを補完するスタッフの皆さんのお話をお聞きし、またまた課題が出てきました。

伸びしろがあるのは、いいことだ!

と思って、頑張ります!!

皆さん、ありがとうございました!

| | コメント (0)

パルメザンチーズ

先日、石巻市内の仮設の商店街にオープンしたイタリアンのお店にランチに行きました。

主人と私が初めて会ったお店です。

被災してしまって、その後、イベントなどの出店はあったのですが、お店自体はオープンするのかなぁ、と思っていました。

再オープンしたことをお聞きし、行くのがとっても楽しみでした。

パスタを注文しましたら、パルメザンチーズがおいていなかったので、

「チーズありますか?」

と聞きました。

すると、出てきたのは・・・

冷蔵庫から塊のチーズを、今、その場で削ったばかりのチーズでした!

もうそれだけで感激しました。

また行こうっと!!!

| | コメント (3)

新年会のご案内

来年度の新年会の日程が決まりました。

明日、お客様の皆様には郵送いたします。

ブログをご覧の皆様には、少しだけ早いのですが、こちらでお伝えしたいと思います。

<<< 平塚善司税理士事務所 新春講演会・新年会  >>>

◆日時 平成26年1月16日(木) 15:00~

◆場所 石巻グランドホテル

◆内容 第1部 講演会 (15:00~17:00)

        テーマ / 「夢への挑戦!地方発ブランドから世界ブランドへ」

        講 師 / ブナコ株式会社 代表取締役 倉田昌直氏

              → 講師プロフィール 

      第2部 新年会 (17:00~19:00)

        会 費 / 10,000円(懇親会費として)

 詳しくは、こちら をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演をお聴きになりたい方、いらっしゃいましたら、ご連絡ください。

皆様のおいでをお待ちいたしております。

  

 

| | コメント (0)

事業計画会議

今日は、当事務所の来年度の事業計画会議の日でした。

私も、所長方針を30分ほど話しました。

来年の今頃が楽しみです!

1日会議をした後、近くの神社で、ご祈祷していただきました。

ほっとしました。

あとは実践あるのみです!

| | コメント (0)

卒業例会

今日は石巻JCの卒業例会でした。

現役時代、いろいろと助けてくれた後輩も、今回卒業ということで、私も参加しました。

だんだん、一緒に活動した後輩たちが少なくなってきています。

それとともに、・・・・・・

JCに入会して初めて参加した、宮城ブロックのブロック大会で、私は「JCの3信条」を知りました(もう18年ほど前になりますが・・・)。

「修練」「友情」「奉仕」の3つがそれです。

私にとっては、「修練」がメインでした。

「友情」は、出産やら何やらで、なかなか思うようにならなかったと思うのですが、卒業した今も、先輩・後輩関係なく楽しくお話できたり、まちで「おー!」と声をかけあったりできるのは、本当にすばらしい人生の財産だと思います。

「奉仕」は、というと、それを目的に活動できたという自信はまったくありませんでした。

同じ思いで、同じ時間を共有できたJCと皆に、何度でも、「ありがとう!」と言いたいです。

Tちゃん、本当に、卒業おめでとう!

長い間、お疲れ様でした!

例会連続出席回数、そして出席率、前人未踏の記録だったのではないかと思っていましたが、話題に出なかったのが残念でした。

でも、みんなの頭の中にはちゃんと残っている、と思っています。

本当にありがとう!

| | コメント (0)

バージョンアップしました

当事務所HPの、「事業継承式」と「50周年感謝の夕べ」のコーナーを、少しバージョンアップしました。 ↓ ↓

http://homepage2.nifty.com/Hiratsuka/

映像は、前回から若干変更されています。

また、事業継承式のノーカット版の映像もアップしました。

「関与先様限定ページ」に入るためのパスワードは以前と同じです。

是非ご覧下さい!

| | コメント (0)

抜け殻

世代交代は、自分がこれまで担っていた役割を、他人に譲り渡すことです。

ですから、譲り渡した後の自分自身も、別な役割を期待されます。

事業経営のことだけを言っているわけではありません。

どこでも同じなのかもしれません。

抜け殻になる暇はありません。

| | コメント (0)

期待

期待されるということは、ありがたいことですね。

自分を押し上げる大いなるバネになります。

そのような期待をかけて下さることに感謝します。

| | コメント (0)

1,000日

今日は、東日本大震災発生の日から1,000日目だそうです。

午前中に、偶然に、大川地区のお客様のところに行ってきました。

帰りに、大川小学校に初めて行ってみました。

他県の観光バスが停まっていました。

中から喪服と見まごうような黒いスーツを着た人たちがたくさん出てきました。

視察団のようでした。

小学校には、石碑や観音様などが建っていました。

視察の方々は、写真をたくさん撮っていました。

私はどうしようもなく、手を合わせることすらできませんでした。

震災初日と翌日の、変わり果ててしまった女川のまちを見たときや、3日後に跡形もなく流されてしまった自分の家の土台を見たときの、何も考えられない、呆然とした状態と、1,000日後の今日の、この光景に対した自分と、何が違っていたでしょうか。

| | コメント (0)

変革の契機

いろいろなことが動き始めるのは、それに対応できる力があるからだということかもしれません。

自分の意志でなくても、そうなっていくことを必然ととらえ、変革の一歩としていければいいですね。

| | コメント (0)

師走

「師走」ということばがあります。

先生も走るような慌ただしい月、ということですが、昔の先生は、走らなかったのでしょうか?

イギリスのジェントルマンに関しては、そうらしい、ということが、イギリス出身のロック歌手の曲の歌詞で分かったことがあります。

日本でも、昔の先生は紳士だったのでしょうか。

逆に言うと、じゃあ、今は?ということになりますので、それ以上追及しないほうがいいかもしれませんね。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »