« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

供養花火

今日と明日は、石巻川開き祭りです。

今日の夜は、震災で犠牲になった人たちへの「供養花火」が打ち上げられました。

しんみりとした花火でした。

| | コメント (0)

権利と義務

権利を主張する人が、必ずしも義務を果たしているかというと、そうではない場合もありますね。

そういう人に、義務を果たしていないことを伝えるのは難しいです。

| | コメント (0)

決算監査初日

今日は女川町の決算監査でした。

数日続きます。

コンマが多くて、目がチラチラします。

明日も続きます。

| | コメント (2)

堅実経営

今日は、新規のお客様への2回目の訪問でした。

お母さんとお嫁さんが経理を担当しています。

地道に経営を続けてきたことが分かります。

経理も、経営と同じように、堅実にしてきたようです。

今は、お嫁さんにバトンタッチしているようですが、・・・

前回と同じことを指摘しましたら、お母さんのほうが、「ごめんね、そこまで私が引き継ぎしてなかったよね」

するとお嫁さんが、「ううん、お母さんのせいでなくて、私がしてなかっただけなんです」

お嫁さんに、伝票の訂正をしていただいている間に、お母さんのほうに、書類の整理をお願いしていましたら、一段落ついた後、お嫁さんが、

「お母さん、あとは私やっておきますから」

ここが、堅実経営の原点なのかもしれません。

| | コメント (0)

熊谷の鰻

今日も、昨日に引き続き、熊谷の会計事務所で研修でした。

後継者の方やその補完者の方々のお話をお聞きしました。

昨日より冷房が効いている気がします。

休憩時間に研修室を出ると、一瞬モワッとするのですが、ちょっと体がほっとします。

お昼は、今やめったに口にすることができない、うな重でした!!!

熊谷は、老舗のお店が多いのでしょうか、昨日の懇親会も、古くからある料亭のようでした。

かと思うと、2次会は、オシャレなカクテルバー、3次会は、お客が絶えないラーメン店で、目の前で握った餃子をいただきました。

楽しい2日間でした(帰ったら体重が増えていました)。

| | コメント (0)

昨日は大暑、今日は熊谷

今日は、会計事務所の後継者とその補完者の会の勉強会でした。

場所は、埼玉県熊谷市の会計事務所です。

昨日は大暑。

そして今日は熊谷。

TVでは、「今日も猛烈な暑さ」と報道されています。

あちらこちらで、ミストが噴射されています。

研修内容も、熱かったです。

N先生、N会計事務所の皆様、ありがとうございました!

懇親会をしているときに、雷鳴が響き渡り、・・・

そして、ホテルでは冷房をつけたまま、寝てしまいました。

| | コメント (0)

簿記研修2回目

今日は、宮城県漁協の簿記研修の2回目でした。

会議が立て込み、予約してもらっていた広い会議室が使えず、半分が会議用の楕円形のテーブルを使用。

しかも今朝になって、エアコンが故障とのこと。

窓を開け放っての研修会でした。

手始めに、

「じゃあ、さっそく、前回の内容が理解できているかどうか、テストします」

んんー、手が止まっている人もいます。

時間になり、答え合わせ。

宿題をやってこなかった人もいるのかもしれません。

簿記は会計の世界で言えば、言語みたいなものです。

例えば、海外でビジネスをしようとするときに、現地の言語を考えながら商談しても、商売にはならないのと同じで、考えなくても簿記ができないと、職業として、会計の仕事はできません。

スポーツや車の運転も同じだと思います。

考えなくても手が動くようになるのが、「身につく」ということであり、その目安が「試験」です。

今回は、多めに宿題を出しました。

「えーーっ!!」

という声の中に、向上心のうれしさが含まれていたと感じたのは、私の勘違いかもしれませんが・・・

| | コメント (0)

若手勉強会

今日は、うちのお客様の若手経営者・後継者の方とその補完者の方が集まった勉強会がありました。

今日発表した社長さんは、自社の事例を、包み隠さず話してくれました。

とはいえ、どこの会社も似たような悩みを抱えていたり、環境が違う人だと、まったく違う悩みだったりします。

客観的にみると、意外に「考え方次第なのでは?」ということもあります。

経営者の視点と補完者の視点も違います。

補完者の方の、冷静な視点もあります。

大変勉強になりました。

| | コメント (0)

先輩・後輩

学年が2学年違うのに、学校で出された宿題の内容を見たら、

「学年が違うはずなのに、同じことやってない?」

ということがあるらしいです。

ということは、社会に出ても、2年経たないと、後輩と同じレベルに到達しない、ということになるのでしょうか?

| | コメント (0)

印象

初めの、「あれっ?」という印象というのは、意外に的を射ていることが多いものです。

おもしろいものです。

| | コメント (0)

その日のこと

夫婦の会話が少ないので、直前になってから、「今日は〇〇に出かける」と伝えられることが多いです。

単独行動ならそれでもいいのですが、今回は、家族全員での行動でした。

主人の大学時代の友人がミュージカル俳優なのですが、その方が出演するミュージカルの仙台公演のチケットを、「全員分取ったから」とのこと。

それも、「日曜日のI君のミュージカルなんだけどさ」との問いかけから分かったこと。

「その日」でなくてよかったです。

| | コメント (0)

7月はいい月?

7月は、お母様方にとっては、いいのかそうでないのか、分からない月です。

学校に遅れないように、毎朝起こす必要がない反面、家で世話をする時間が長くなったり、外出先でのことを気にしたりしなくてはならないのです。

8月になると、宿題の心配もしなくてはなりません。

今年は我が家では3人の小学生がいますので、綿密なチェックが必要です。

| | コメント (0)

初舞台

昨日は、子どもたちの英語コミュニケーションの会の発表会でした。

大きな舞台に立っての発表です。

小1の次男にとっては初めての舞台です。

ロビーでリハーサルをしているときには、チョロチョロしていた次男。

しかし、いざ自分たちの出番、というときに、

「出たくない」

と言い張り、泣き出す始末。

年長組の女の子は、練習の時には集中していなかったにもかかわらず、本番ではすっかり落ち着いて楽しく発表しています。

舞台のソデで、先生方が、

「無理に出なくてもいいよ」

と次男を慰めてくれました。

やりたくなったらやるのがいいのかもしれません。

| | コメント (0)

万が一

万が一のこと、というのは、ふだんは考えてはいないものです。

それを考える機会があってもいいと思います。

お金に換算はできないものです。

| | コメント (0)

1分でできること

時間が経過するのは早いな、と常日頃思うことが多いです。

しかし、「これくらい時間が経っているだろうな」と思っても、意外に、それほどではないこともあります。

車を運転していて、ずいぶん時間が過ぎただろうな、と時計を見ると、まだ1分しか経っていなかったりするのです。

「1分でできること」というのは、けっこうたくさんあるかもしれませんね。

| | コメント (0)

簿記研修

今日は宮城県漁協で、職員さん向けの日商簿記3級の研修会の講師でした。

2週間ごとに5回の予定で、11月の検定合格を目指します。

震災前も、一度同じような研修会で講師を務めました。

そのときの合格率は6割くらいでしたが、合格した皆さんが、震災後、その会計の知識を活かして活躍されたそうなのです。

しかし、それはきっと、会計の知識を活かすための土台ができていたからだと思います。

今回も、素晴らしい受講生の皆さんが参加されています。

私自身も楽しい研修会でした。

| | コメント (0)

男の子

明日は長男の誕生日です。

9歳になります。

4人姉妹の私にとって、そして、私の母にとって、初めての男の子です。

マイペースなのは、誰に似たんでしょう?

以前、妹一家が遊びに来たときのことです。

姪はうちの長女と一緒に寝る、と、我が家に来たのですが、叔母の家にいた甥が、「お姉ちゃんがいなくて1人になって寂しい」と泣いてしまったことがありました。

すると、そのとき、保育園の年長組だった長男が、「オレが行ってやる」と、パジャマなどを荷物にまとめて、叔母の家に急行。

2人でお風呂に入ったりして、「事なきを得」ました。

意外に、頼りになるかもしれません。

| | コメント (0)

七夕

今日は仙台で会議でした。

今年になってから、帰りが遅い日ばかりだったので、今月は早く帰れる日は早く帰ろう、と思い、今日は七夕でもあるし、と、会議の後、すぐに帰りました。

しかし、家では七夕の様子など、特になし。

子どもが保育園などに入っていると、彦星や織姫の絵を描いたり、短冊を作ったりするのでしょうが、今は全員小学生になったので、小学校では関係ないのでしょう。

寝るだけの状態になった長男と次男のベッドの脇で、

「今日は七夕だから、七夕の歌を歌おうか」

と言って、

「♪ささのは、さーらさら~♪」

と3人で歌いました。

「お姉ちゃん(長女)がお風呂から上がってきたら、4人で歌おうね」

と言っていたら、長女を待っている間に、次男のベッドで次男と一緒に眠ってしまいました。

| | コメント (0)

初めての参観日

今日は子どもたちの小学校の授業参観日でした。

小1の次男にとっては、小学校初めての参観日です。

運動会のときも思いましたが、何と落ち着きがないのでしょう!

毎日学校でやった問題のプリントなどを持って帰ってくるのですが、あの様子で、よくあれだけできるものだ、と逆に感心してしまいます。

参観自体は下の子から始め、その後の学級懇談会には上の子の方から行きました。

最後に次男の教室に行ってみると、もう懇談会は終わっていました。

次男のあさがおはどれくらい育ったかな、と思って外に出ようと思ったら、小雨の中で子どもの傘が見えました。

何と次男でした。

すぐにドアを開けて、「どうしたの?帰らなかったの?」

と聞くと、「他のお友達はお母さんを待っていたから一緒に待っていたら、皆はお母さんが来て先に帰ったの。お母さん、何で遅かったの?」

仕事の合間に来ていたので、一緒に帰るつもりもなく、また担任の先生とお話しようと思っていたので、

「いいから、先に帰ってて」

というと、我慢していたものがこらえきれなくなったようで、

「わあーーーーん!!!」

と泣き出してしまいました。

とにかく、先生とお話しなければ、と思い、次男に、「帰るんだよ」と言って、職員室に行き、先生と急いで話をしていると、別な先生が、「A先生、のぶくん(次男の名前)外で泣いてますよ」と伝えに来たので、急遽予定変更。

一緒に車に乗ってとりあえず帰宅しました。

長女や長男の同じ時期と違って、まだまだ甘えん坊ですね。

| | コメント (0)

行政書士

今日は、行政書士の登録ができたので、その登録証の交付を受けに行きました。

同じ士業でも、雰囲気が違いますね。

今日から、行政書士の業務もできるようになりました。

| | コメント (0)

立場

「人生」としては先輩でも、その「立場」で言えば、言わねばならないこともあります。

難しいです。

| | コメント (0)

7月

今日から7月です。

7月は当事務所にとっては、いろいろな「イベント」があります。

見直しがかかる月です。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »