« 今年の新年会 | トップページ | 資本主義の終焉 »

プラネタリウム

深夜、真っ暗な家に帰ったり、2階の自分の部屋から真っ暗な階下に降りてきたりすることがあります。

いまや、電気のスイッチは、暗くてもスイッチの場所が分かるように、緑色の小さいランプがついています。

真っ暗な中だと、それらがまるで星のようで、たくさんスイッチのある場所に行くと、我が家にいながらにして、プラネタリウムにいるようです。

子どもの部屋を回って、布団がかかっているかどうか見に行くと、窓から本物の星空が見えます。

冬の星が輝く季節になりました。

|

« 今年の新年会 | トップページ | 資本主義の終焉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の新年会 | トップページ | 資本主義の終焉 »