« だんだん分かってきたこと | トップページ | 繁忙期の命日 »

彼の優先順位

先日は、長男と次男の小学校の運動会でした。

主人は出張中で、私のみ応援です。

2人ともスポーツは得意ではありません。

でも、スタートの時点で、「見てるからね!」と目配せすると、安心するようです。

次男の徒競走のときのことです。

スタートラインに立った次男に、「のぶちん(次男のニックネーム)、頑張って!」と何度も声をかけているのに、次男は気づきません。

しかし、彼は彼で、私を探していたらしく、もうスタートのピストルが鳴って、他の子たちはゴール目指して走っているのに、次男は応援席のほうを何度もキョロキョロしながら走っているのです。

彼にとっては、順位よりも、私が見ているかどうか、のほうが重要だったのかもしれません。

末っ子ですね。

|

« だんだん分かってきたこと | トップページ | 繁忙期の命日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だんだん分かってきたこと | トップページ | 繁忙期の命日 »