« 平成28年後半戦 | トップページ | 健康診断 »

給食の主食

うちの事務所では、毎月初日は全体会議の日です。

その日のお昼は、皆で外食することになっています。

先日のお昼の時間に、子どものときの話になりました。

TV番組の話、給食の話、部活の話、等々、昭和生まれと平成生まれ、昭和でも40年代と50年代とでは、けっこう違うんですね。

私たちのときは、給食の主食はほとんどパンで、ご飯は小学校高学年になってから月に1回くらいという感じでしたが、3学年下の学年(ほぼ同年代と思っていたのですが)では、「もう少しご飯の回数が多かったと思うのですが・・・」とのこと。

なぜ、給食でパンばかりだったのか??

皆さんは分かりますか?

|

« 平成28年後半戦 | トップページ | 健康診断 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

私の時も、ほとんどパンでした。
毎日、ビンの牛乳が出てました。
ご飯は年に数回でしたね。カレーの時だったかと。
44年生まれの妻は、月の3分の1はご飯だったと言っておりますが。

投稿: うだがわ | 2016年7月 5日 (火) 19時03分

うだがわさん、コメントありがとうございます。
ビンの牛乳、懐かしいです。
今の子どもたち、見たことあるでしょうか?
44年生まれはうちの妹と同じ(早生まれですが)ですが、ほぼ私と同じだったと思います。
地域でも違うのでしょうか?

投稿: miho | 2016年7月 6日 (水) 06時36分

再び失礼いたします。

妻は東京都、私は41年生まれの千葉県、やはり東京都の方が進んでいたようです。
牛乳もテトラパックだったようです。
その話をした時、悔しい思いをしたものです(^^;;

投稿: うだがわ | 2016年7月 7日 (木) 00時00分

うだがわさん、私も小学生のときはビンでしたが、中学から紙パックでした。
そういう違いもあるのでは?
新しいことをやる場合、お試ししてみる地域というのがあるらしいです。必ずしも東京ではないようですが・・・

投稿: miho | 2016年7月 7日 (木) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成28年後半戦 | トップページ | 健康診断 »