« 5月30日はゴミゼロの日 | トップページ | 復興を通じて考えるこれからの地方社会の在り方 »

観葉植物

観葉植物をおくと、風水で、よい気がやってくる、というのを知り、いろいろな場所においています。

緑の葉っぱは、目にも心にも癒しを与えてくれるようです。

また、けっこう水をそんなにやらなくても大丈夫なものもあるようです。

注意が必要なのは、サボテンです。

サボテンも、可愛らしいものも多いです。

ただ、玄関においておくと、厄除けになる反面、良い気もやってこなくなる、ということがあるようです。

サボテンをおいていて、枯れた場合は、サボテンが悪い気を吸い込んでくれたという証だそうです。

娘の部屋の窓際においた蔦の鉢は、とっても丈夫で、枝を切ってコップに入れて水につけておいたら、根っこがどんどん生えてきました。

葉っぱも新しいのが次々出てきます。

元気をたくさんもらっているようです。

|

« 5月30日はゴミゼロの日 | トップページ | 復興を通じて考えるこれからの地方社会の在り方 »

ありがとうございます!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月30日はゴミゼロの日 | トップページ | 復興を通じて考えるこれからの地方社会の在り方 »