昭和88年8月8日

今年は、昭和で言うと88年だそうで、それでいうと、今日は昭和88年8月8日、と、8が連なる日付だそうです。

末広がりでおめでたいですね。

| | コメント (0)

気になる足の・・・

先日、ハイヒールのかかとの底のゴムがすり減ってきたので、修理していただきました。

お店に、靴のニオイを取るスプレーがおいてありました。

そういえば、事務所の靴箱が、最近・・・

と思い、購入しました。

すると、店員さんが、

「このスプレーもいいのですが、この間TVで、10円玉を脱いだ靴に入れておくと、ニオイがとれる、と言っていましたよ」

とのこと。

事務所で、そのことを女性スタッフに言ってみました。

すると彼女は、

「10円玉でもとれなかったりして・・・」

| | コメント (0)

裏紙で使えない紙の活用法

事務所で仕事をしていると、けっこう「紙」がたまります。

これは、いわゆる「ミスプリント」の紙のことであり、企業の機密事項が書かれたものが多いので、例えば「裏紙」としては使えません。

この活用方法、何かないでしょうか?

と思ったら、すばらしい方法を発見しました!

興味のある方はご連絡下さいね。

ちなみに、今、失敗したコピーの文字を消す機械も開発されたそうです。

| | コメント (0)

2回目の胡蝶蘭

いろいろな記念やお祝いなどで、胡蝶蘭の鉢植えをいただくことがあります。

豪華絢爛で、かなり長い間、美しい花を見せてくれます。

しかし皆さん、花が終わると、その後、どうなっていますか?

うちの事務所では、茎が茶色になって、そのまま、ということばかりでした。

今回、茶色くなりかけた茎を切り、茎を支えていた(というか、弧を描くように副わされていた、というのが正しいかも)針金を外し、小さなポットから根っこと土を取り出して、植え替えをしてみましたら、何と!

また、白い清らかな花を、いくつも咲かせてくれました!

針金を外した時点で、茎は生き生きと、自由奔放に伸びました。そして、つぼみをつけました。

あまりにも、自分の好きな方向に伸びてしまったので、女性スタッフが、保管しておいた針金を、また取りつけましたら、まるで、新しい鉢植えのように咲いているのです。

再生、とは、このようなことなのでしょうか?

丁寧に、時機を逸することなく、自分の思うところを信じて、・・・

| | コメント (0)

法則の発見

何だか、最近、ある事柄について、ひとつの法則が見えてきたような気がしています。

なるほど、そうやって、誰かが私に教えてくれているのだ、と思うと、落ち込むようなことも落ち込まなくなりますね。

| | コメント (0)

ネットで転送届

震災から1年3ヶ月となりました。

何度か住所を変えた方もいらっしゃると思います。

郵便の転送届も1年間だけなので、もう一度、転送届を出さなくてはならない方もいらっしゃると思います。

しかし、郵便局に行く時間がない、という方は、ネットでも転送届が申請できます。 ↓ ↓

http://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

携帯電話とパソコンですぐに申請ができます。

お試しを!

| | コメント (0)

平成24年新春講演会・新年会のご案内

当事務所恒例の、新春講演会と新年会を、来年も開催いたします。

震災で、このような行事も縮小・中止、という場合もあるようですが、当事務所では、このようなときだからこそ、多くの皆さんが久しぶりに顔を合わせ、交流を深めていただきたいと思っています。

今回は、都市部から講師の先生がいらっしゃいます。

都市部では、震災をどのように受け止めているのか、ということもお聞きできると思います。

またこれをきっかけに、被災地の企業も、新たな価値観や発想を追求できれば、と期待しております。

◆ ◆ 平塚善司税理士事務所 新春講演会・新年会 ◆ ◆

日 時   平成24年1月23日(月) 15:00~

会 場   石巻グランドホテル

<第1部> 講演会 (15:00~17:00)

        テーマ 「元気な企業をつくる生活者の視点」

        講 師 テーブルコーディネートサロン「花がたみ」主宰 

             テーブルコーディネーター・ライフスタイルマイスター 猪名川 久美子氏

             猪名川 久美子氏 プロフィール

<第2部> 新年会 (17:00~19:00)

        会 費 5,000円(懇親会費として)  ・・・ 復興支援価格ということで、例年の半額です

出欠は、1/16(月)まで、ファックス・電話・メールでお知らせください。

なお、講演会は、当事務所のお客様以外の方でも大歓迎ですので、お誘い合わせの上、ご参加ください!!

詳しいご案内は、こちら

皆様のおいでをお待ちいたしております!!

| | コメント (2)

被災地視察プログラム

南三陸町で、大手旅行代理店と提携して、被災地の視察の際のプログラムを構築したそうです。

多くの個人や団体が、被災地を視察に来るのですが、中には、バスの中から30分ほど見学しただけの形式的なものもあるそうです。

私や主人も、多くの方をご案内しますが、震災前がどうだったか、とか、震災直後はどのようであったか、とか、津波に呑まれながら助かった方のお話とか、自宅や職場を失った人がどのように生活してきたか、とか、とにかく、いろいろなことをお伝えしたいのですが、限られた時間の中ですべてをお伝えするのは、本当に大変です。

こちらにいらした方は、例外なく、「来てみないと分からないね」とおっしゃいます。

ほんの一部しか見ていないと私たちが感じるような方でも、そうおっしゃいます。

私は、現場を見るだけでなく、そこに住む被災者の声も聞かなければ、視察の効果はほとんどないのではないか、と思います。

今のところ、これらは、被災地以外の地域に住む人たちとのコネクション・コミュニケーションのある人たちが、個人的に行なっているだけのような状態でした。

ですから、これを、「汎用化」「システム化」させた南三陸町の取組みは、すばらしいと思います。

被災市町村として、知っていただきたい被災現場を見ていただき、聞いていただきたい被災者の声を聞いていただく、被災前の状態との比較もできるでしょう。

他の被災地でも取り入れてみたいものですね。

| | コメント (0)

役に立つ地震

私の知り合いで、大学の工学部で学んだ方がいます。

その方が、震災前に、

「『揺れ』のエネルギーを動力に変換する研究が進んでいる」

と話していました。

私は、

「じゃあ、地震が起きたらすごいエネルギーがたまるね」

と話しましたら、

「地震もそうだけれど、それより、日常生活で人が歩いたり、物が動いたりするときの揺れ程度でも大丈夫」

ということで、私の妹などは、

「それだったら、子どもがうるさく騒ぎまわっても、気にならないかも」

と言っていました。

震災後、そのことを思い出し、主人に、

「あの震災だったら、どれくらいのエネルギーができただろうね」

と言ったら、主人は、

「その前に、その装置が破壊されるんじゃないの」

との回答でした。

先日、そのことをあるお客様にお話しましたら、

「もう、あるメーカーで実用化はされてるよ」

と言われました。

えーーーーーーっっっ!!!

ではなぜ、普及していないのでしょう?と思いましたら、いろいろな既得権益があるので、まだ一般に使えるように国の許可がおりていないのだそうです。

でも、それも、再生エネルギーを開発・普及させざるを得ない状況になったら、というか、今、まさに、そのビッグチャンス、ベストチャンスではないかと思うのです。

知らない方が多いだけで、その情報をどんどん発信し、多くの方に知っていただければ、大きな声になって、国を動かす力になっていくのではないか、と思うのです。

関心のある方は、是非、コメント、そしてツウィート、お願いいたします!!

| | コメント (0)

ブラックホール

今日、車に乗っているときに、ラジオを聞いていましたら、「子ども電話相談」というのをやっていました。

夏休みで、子どものいろいろな疑問に、専門家が答えるというものです。

初めは、「バッタはなぜ跳ぶの?」「チーターは1頭で狩りをするのに、なぜライオンは群れで狩りをするの?」という疑問でした。

それらは、結局のところ、「生存するためにそうなっている」ということで、それぞれの生物の特性や環境によって、進化や生活の仕方が形成されてきたのであり、私でも、ある程度予測がつくものでした。

次の質問は、

「ブラックホールはなぜ見えないの?」

という質問でした。

私はまったく分かりませんでした。

先生の答えによると、ブラックホールは星の一種で、ものすごく重く(角砂糖くらいの体積で地球1個分ぐらいの重さとのこと)、引力が強いために、光がものすごい速さで引っ張られてしまうので、光が見えないのだ、ということでした。

あぁ、そうか、と思いました。

私たちが光として見ているのは、光が切れ目なく通っている(先生の答えだと、地球に引っ張られている)「場面」を見ている、ということなのですね。

「○○光年」という言葉が、星と地球とのはるかな距離を表している、と以前聞いたとき、「あの星が発している光は、○○年前に放たれた光だ」ということをさらに知り、自然というものが、はるかに自分の想像を超えている、と感じたものです。

神がつくったものなのでしょうか?

そうであれば、ブラックホールの引っ張る速さで、かけがえのない人たちを失ってしまったたくさんの心に救いを与えてください、とお願いしたいです。

| | コメント (0)